明美にBack

割烹明美の

割烹明美の肉は、どれも極上。
こだわりすぎて大量生産できない、希少品ばかり。
生産者さんのプライドを、職人魂を、生き様を
割烹明美の料理で広めたい。

島根県

かつべ牛

島根県産 かつべ牛

手間暇かけて大量生産しない。

奥出雲の大自然に佇む小さな牧場がある。 牧場主の勝部さん一家が切り盛りする、「かつべ牧場」だ。 しかし、侮ること無かれ。 この牧場は、子牛の生産から出荷までの 牛肉をつくる一切の工程を一貫して行なう、 日本でも極めて珍しい存在。 手間もコストもかかるため、大量生産には向かず 超希少な黒毛和牛となってしまう。 神戸牛の1/100ほどの頭数を生産するのがやっとだという。

島根県産 かつべ牛

なにより和食に合う。

かつべ牛の特徴は、やはりその肉質と味だ。 黒毛和牛といえば美しい霜降りだが、 かつべ牛の霜降りはさらっとしていて、しつこくない。 赤身の旨味と香りの良さもピカイチだ。 これほど和食に合う牛肉も珍しいだろう。 ステーキはもちろん、西京焼きやしぐれ煮など 和のテイストたっぷりに提供したい、伊豫田イチオシの牛肉。

京都府

京都ぽーく

京都府産 京都ポーク

京都府公認、最高品質の豚肉

「京都ぽーく」を生産できるのは、 京都府が定める厳しい条件をクリアした農家のみ。 餌や血統、管理方法まで厳しく検査されるため、 認可された生産者さんは片手で数えるほど。 一般的に、豚は甘い物好きなので 甘い餌を与えると早く大きくなる。 ただ、そうして育った豚の肉質は粗い。 一方、京都ぽーくは甘みのない麦を与え、 飼育期間は普通の豚より1ヶ月長い。 結果としてきめ細やかで、味の濃い豚肉になる。割烹明美でも引っ張りだこの食材。